カテゴリ:石川(1)( 1 )
飛騨旅行~金沢~
<ひがし茶屋街>
d0090101_16494983.jpg

<金箔の倉>
d0090101_16495522.jpg
d0090101_1650414.jpg

<主計町茶屋街>
d0090101_16501324.jpg

<あめの俵屋>
d0090101_16502379.jpg

<こてつの海鮮丼>
d0090101_16502968.jpg

<にし茶屋街>
d0090101_16503422.jpg

<妙立寺>
d0090101_16504382.jpg

<W坂>
d0090101_16504945.jpg

<武家屋敷界隈>
d0090101_16505958.jpg

<尾山神社>
d0090101_1651102.jpg

<ますのすし>
d0090101_16511948.jpg


最終日は北陸の小京都金沢です。高岡から普通列車で40分ほどで到着です。まずはコインロッカーに荷物を預けて、北陸鉄道が運行している城下町周遊バスの一日券をゲットして散策開始です。平日にも関わらず金沢駅から乗車しましたがかなりの乗車率です。これは休日だと積み残しがあると思います。満員のバスに揺られて最初の目的地ひがし茶屋街に到着です。10時くらいでしたが既に観光客はたくさんいて、なかなか写真が撮れませんでしたが、しかしすごい町並みです。現役の茶屋街なんてそうそうないと思いますが、ここは電柱も埋めていて景観もバッチリです。懐華樓という公開している茶屋に入ってみましたが、中には金箔の畳の部屋や優美な部屋がたくさんあってすごかったです。その後はお土産屋さんにも入ってみましたが、今度は金箔の倉があってまたびっくり!?なんちゅーもん建てとんや!?と心の中で叫んでました(笑)豪華絢爛なひがし茶屋街を後にして、次に向ったのは主計町茶屋街。ここはひがし茶屋街に比べたら質素ですが、川沿いにあって何だかとても落ち着く町並みです。裏手の路地もとても味のある路地があってこれまたよかったです。そして主計町茶屋街を過ぎてそのままあめの俵屋へ。ここは僕がよく買っている「西の旅」でも紹介されていたお店で、家族へのお土産に最適と考え寄ってみました。普通の住宅街にあるのでちょっと変な感じですがお店の雰囲気はいいし、暖簾もとても味があります。入ってみるなりいきなり試食させてくれたのもうれしかったです(笑)そして定番のじろあめをお土産として購入した後は、お腹も空いてきたので近江町市場へ。ちなみにひがし茶屋街から近江町市場まで全て徒歩ですが、そんなに離れていないのでちょうどいいウォーキングになりました。そして近江町市場では市場の兄ちゃんにいろいろ絡まれたりと市場の雰囲気を堪能してから「こてつ」へ。もちろん注文したのは海鮮丼。キター!新鮮な刺身がご飯の上にこれでもか!?と言わんばかりにのせられています。味のほうは言うまでもなく最高!!!甘エビとかもう「つるんっ!」て感じで口に入ってくるし、刺身もたまらないくらい美味しかったです。お腹も満たして今度はにし茶屋街に行くためバスで武蔵ヶ辻から広小路までバスで移動。にし茶屋街は規模としてはひがしに比べると若干小さいかもしれませんが、ここは観光客が全くいないので僕的にはこっちのほうがいいかも。ここでもお土産用にかわむらというお店で甘納豆を買いましたがこれは家族に大好評でした。そしてにし茶屋街の次は妙立寺へ。ここは最初は予定してませんでしたが、時間的に頑張ったら行けそうだったんで急遽拝観予約をして行きました。このお寺は別名忍者寺と呼ばれるほどからくりの多い寺ですが、見学していても落とし穴や侵入者を知るための装置やからくり扉などもう驚きの連続です。40分ほどの説明でしたが、とても短く感じるくらい楽しい見学でした。そして妙立寺からは武家屋敷界隈に行きました。ここは観光客がたくさんいましたが、土塀の町並みはとても風情があってよかったです。ここでさすがにちょっと疲れたので甘味処で休憩しましたが、お店の人が小豆を多めに入れてくれたのはめっちゃうれしかったです。おかげで体力も回復です。武家屋敷界隈を散策後、バスの中から見つけていた尾山神社へ。ここは鳥居はあるけど階段の上の建物は何か神社らしからぬ建物になっていて一風変わった神社でした。短時間ではありましたがこれで大体の金沢市街地の観光地は兼六園以外網羅したかな。兼六園はそれほど行きたいと思わなかったので今回はパスしました。そして金沢駅へ満員バスで戻りました。金沢からは超贅沢ですが疲労もあったのでサンダーバードで一気に帰りました。
いや~今回の飛騨旅行は天気がイマイチでしたが町並みのほうはどこも一級品で最高でした。ご当地グルメも満喫できたし、とても充実した旅になりました。今回のような大旅行は恐らく大学生活最後だと思いますが、とても思い出に残る旅となったのでよかったです。でも五箇山はいつかリベンジするぞ~~~(>_<)
[PR]
by tabikibun2006 | 2008-09-13 17:41 | 石川(1) | Comments(2)