カテゴリ:富山(2)( 2 )
白銀の飛騨旅行~五箇山~
飛騨旅行、2日目は濃飛バスが運行している定期観光バスツアーに乗って合掌集落巡りです。以前一人旅で飛騨旅行した際には大雨のせいで五箇山はスルーしたので今回はリベンジです!満席のツアー客を乗せたバスは高山駅を8時半に出発して、まずは五箇山相倉集落へと向かいます。

d0090101_2133818.jpg

相倉集落へと向かう道中、ふと外に目を向けると素晴らしい絶景が!!!雪山が水面に反転してめちゃめちゃきれい!車内から何枚も写真を撮っていました。きれいな青空と雪山のコントラストも最高ですね。

d0090101_21332416.jpg

五箇山のもう一つの合掌集落、菅沼集落は車窓から見るだけでしたが、ばっちり写真に収めることができたのでよかったです。菅沼集落はまた今度の楽しみに置いとこっと。

d0090101_21333792.jpg

さて今回の飛騨旅行の目的の一つとして白銀の世界を堪能することを挙げていましたが、五箇山ICから相倉集落までは正に銀世界という言葉がふさわしい車窓ばかりでした。中でもこの写真の場所は息を呑む美しい眺めでした。

<相倉集落>
d0090101_2140311.jpg

d0090101_2134140.jpg
d0090101_21341184.jpg

いよいよ相倉集落に到着です。自由行動時間が結構限られていたので、まずは駆け足で5分と言われた展望台へ。慣れない雪の上り坂を歩く+パウダースノーに感動していたら10分以上かかってしまいましたが、そこからの眺めは正に絶景!!!人よりも高く積もった雪や、雪化粧した山々、そして合掌集落と素晴らしい眺めです。真冬じゃないと見られない絶景を見られて感動でした。残念ながら集落内はほとんど散策できませんでしたが、柿の木に雪が積もっていて情緒があってよかったです。もう少し散策したかったですが、集合時間が迫っていたので慌ててバスへ戻りました。あ~、今回も五箇山を完璧には見ることができなかった(>_<) 今度は菅沼集落と合わせてゆっくりと見に来るぞ!と心に誓い、次なる目的地白川郷へと向かいます。
[PR]
by tabikibun2006 | 2012-01-26 20:40 | 富山(2) | Comments(0)
飛騨旅行~高岡~
<金屋町の町並み>
d0090101_16531580.jpg
d0090101_1653237.jpg

<山町筋の町並み>
d0090101_16533048.jpg
d0090101_16534084.jpg
d0090101_16535089.jpg

<高岡大仏>
d0090101_16535532.jpg


さて白川郷からバスで五箇山へと向いましたが、出発時の小雨が次第に大粒の雨へと変わってきました。もともと五箇山の相倉地区に先に行って後から菅沼地区を訪れるつもりでしたが、菅沼のバス停から乗ってきた人たちを見る限りでは、とてもじゃないがゆっくりと散策できる状況ではなさそうでした。8月の豪雨の際には道路が通行止めにもなっているし、まだ道路脇には土嚢が多く積まれており、へたするとまた通行止めになりかねない雰囲気でした。白川郷から五箇山までの1時間ちょっと、悩みに悩んだ挙句、結局今回の旅行では五箇山は諦めることにしました。あの雨ではそんなに楽しめないだろうし、残念ですが五箇山はまた今度訪れたいと思います。さて結局そのままバスを乗りとおして高岡に到着です。高岡の町並みはそれほどチェックしていなかったのでどう散策しようか迷いましたが、とりあえず観光マップに書いてある循環バスを利用して金屋町へ。高岡に着いた頃には雨は止んでいたので何とかいつも通り散策できそうです。金屋町は鋳物の町らしく、道沿いに銅像が幾つもあったりしたし、格子の町並みがとてもきれいでした。道路も石畳に整備されてるし、電柱も恐らく地中に埋めてるので景観的にもよかったです。金屋町からは駅に戻る形で山町筋へ。ここは埼玉の川越の町並みのミニチュア版みたいな感じに思いましたが、土蔵造りの町並みはなかなか魅力的でしたが、それほど連続した町並みというのはないので僕としては金屋町のほうが町並みとしては魅力的だったかな。高岡大仏を見た後、路面電車にも乗ろうかと思いましたが、宿の夕食の時間が迫っていたので宿に戻りました。結局この日はちょっと消化不良的な1日でしたが、明日は北陸の小京都金沢です。茶屋街や武家屋敷に近江町市場など、見所がたくさんあるので期待に胸膨らませてこの日は寝ました。
[PR]
by tabikibun2006 | 2008-09-11 17:14 | 富山(2) | Comments(2)