カテゴリ:徳島(2)( 2 )
さぬき&うだつの町並み~PART2~
d0090101_2114063.jpg
d0090101_21141233.jpg
d0090101_21142738.jpg
d0090101_21145891.jpg
d0090101_21151028.jpg
d0090101_21151633.jpg
d0090101_21152884.jpg
d0090101_21153569.jpg

<脇町劇場>
d0090101_21154555.jpg
d0090101_21155139.jpg


徳島自動車道の脇町ICから5分ほどで道の駅に到着。ここの駐車場に車を止めて早速散策開始です。1キロほどの通り沿いにうだつの町並みが広がっていました。もうどこを歩いても素晴らしい町並みが続いていますが、特に吉田家の周辺は連続して残っていてとてもよかったです。通り沿いには電柱もなく、とてもきれいに整備されていたのでさらに好感の持てる町並みだと思いましたね。また白壁がきれいに塗られていて夏空にとても映えてきれかったです。特産品の藍染を販売しているお店もあって、町並みが地域の活性化にも大いに繋がっていることが感じられました。町並みから少し離れたところには脇町劇場というレトロな劇場があり、ここでは舞台の上に上がれたり、奈落にも入ることができたりしてとても面白かったです。町並み散策を楽しんだ後は、藍蔵という喫茶店で休憩しましたが、ここのうだつロールが美味しかったです。売店なども程よくある感じですし、観光客もそれほどいないのでゆっくりと見てまわれてかなりよかったです。帰りは大鳴門橋、明石大橋を渡って2時間ほどで帰れました。脇町は生活感もありながら、町並みとしての雰囲気も残していてかなりお気に入りの町並みになりました。また絶対来ようと思います(^O^)
[PR]
by tabikibun2006 | 2009-07-08 21:37 | 徳島(2) | Comments(4)
大塚国際美術館
<システィーナ礼拝堂>
d0090101_1943401.jpg

<スクロヴェーニ礼拝堂>
d0090101_2034577.jpg

<最後の晩餐>
d0090101_20352285.jpg

<皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠>
d0090101_19445110.jpg


G.W2回目のぶらり旅で徳島県鳴門市にある大塚国際美術館に行ってきました。
高速舞子から初の高速バスに乗って1時間半で到着です。まずは入館料を払いますが、なんと学生2100円!?大人は3150円です。まあこれが高いか安いかは帰るときのその人の気分次第ですが僕はと言うと・・・後で分かるのでまだ黙っときます。
入ってすぐの長いエスカレーターを上がって最初の展示室はシスティーナ礼拝堂です。これが原寸大で再現されていて圧巻!!!息を呑むとはこのことかと思いました。ミケランジェロはたった一人でこんなすごい天井画を描いたのかと思うと改めて偉人はやっぱりすごいなぁと思いました。その後も世界史で勉強した絵画が続々とでてきてちょっと興奮しながら見てました。そして地下2階に上がるとルネサンスのコーナーです。ここには「最後の晩餐」や「ヴィーナスの誕生」など超有名な作品がずらりとありました。それに僕が好きなレンブラントの「夜警」もありました。さらに地下一階、一階、二階と上がっていくにつれて現代の作品になっていくんですが、やっぱりピカソの作品は僕にはまだよく分かりませんでした(笑)高速バスの時間が決まっていて結構急ぎ足で見ていったので一つ一つじっくりと見ることはやっぱりできませんでした。でも大体見たかったのだけは見れたからよかったです。音声ガイドを使ってじっくりと見てたら一日あってもきついくらいの広さ、展示品の数です。
2100円払う価値が僕はあると思うんですが、「陶板なんかぱちもんや!」と言う人もいるようです。まあそういうのは人それぞれの感性の問題で、僕は満足できたのでよかったです。美術館をこんなに楽しく見て回れたのは初めてだったしね(笑)写真撮影OKというのもうれしかったですが、欲を言えば作品のみの撮影も許可してほしかったな~。
[PR]
by tabikibun2006 | 2007-05-04 20:02 | 徳島(2) | Comments(6)