カテゴリ:島根(3)( 3 )
石見銀山世界遺産ドライブ~温泉津~
d0090101_10451687.jpg
d0090101_10453066.jpg
d0090101_10453933.jpg
d0090101_10455064.jpg
d0090101_10455956.jpg
d0090101_1046822.jpg


石見銀山から温泉津まで20分ほどで到着です。結構細い道が温泉街のメインストリートになっていますが、2,3枚目の写真の場所に元湯やレトロな喫茶店が集中していていい感じの町並みになっていました。他にもなまこ壁の路地もあって、かなりレトロな温泉街でした。石見銀山の銀を運んだ温泉津港ものどかな漁港でよかったです。温泉津からは9号線を通って帰っていると、日本海の荒波が所々で見られて絶景でした。往復8時間以上のドライブでしたが、大森や温泉津の町並みは風情があってよかったですし、日本海の絶景も見れたので充実したドライブになりました。これからも今のままののんびりとした風景を残していって欲しいと思います。
[PR]
by tabikibun2006 | 2010-03-22 10:54 | 島根(3) | Comments(0)
石見銀山世界遺産ドライブ~大森~
<大森代官所跡>
d0090101_22153279.jpg

<大森の町並み>
d0090101_22154383.jpg

<理容館アラタ>
d0090101_2215556.jpg
d0090101_22161633.jpg
d0090101_2216265.jpg

<大判焼き>
d0090101_22163510.jpg

<うめの店の日替わり定食>
d0090101_22164532.jpg

<道の駅からの眺望>
d0090101_22164990.jpg


3連休ということで、思い切って石見銀山へ日帰りドライブしてきました。姫路を6時前に出発して、途中道の駅で休憩していると、強風もあって波がめちゃめちゃ荒れていて立つのもやっとだったのは驚きでした。4時間ほどかけて世界遺産センターに到着しました。ここからはシャトルバスに乗り換えて大森代官所跡に向かいます。3年半ほど前にぶらり旅で来たときは世界遺産になる前だったんで観光客もほとんどいなかったですが、今回は結構観光客がいましたし、土産物屋や喫茶店など少しだけお店の数が増えていた気がします。それでも大森の町並みは生活観がありながらも風情は残されていてとてもよかったです。電柱もこの3年の間に全て埋められていて景観もよかったです。龍源寺間歩は前回訪問したので省略して大森の町並みをじっくりと散策しましたが、有馬光栄堂でげたのはを、また銀の店でアクセサリーを購入したりして楽しむことができました。うめの店で食べた日替わり定食(ダルマ鯛の竜田揚げ)も美味でした。世界遺産になったことで町並みがどう変化しているかと思っていましたが、それほど劇的には変わっておらず、のんびりとした雰囲気も多少残っていたので一安心です。石見銀山のうちの大森を堪能したところで、次は温泉津に向かいました。
[PR]
by tabikibun2006 | 2010-03-21 22:41 | 島根(3) | Comments(0)
山陰旅行~出雲大社~
<出雲大社>
d0090101_2017486.jpg
d0090101_2018996.jpg

<出雲大社前駅>
d0090101_20182053.jpg
d0090101_20182971.jpg

<急行出雲大社号>
d0090101_20183883.jpg


宿は松江市にあるなにわ一水さんです。写真を撮るのを忘れてたんですが、部屋からは宍道湖が見えて絶景だし、ご飯もめちゃうまで最高の宿でした。2日目は出雲大社に向かいます。松江しんじ湖温泉駅から急行に乗って出雲大社前駅へ。この駅舎がまたレトロでとてもいい感じの駅舎でした。駅から徒歩5分ほどで出雲大社に到着です。出雲大社は現在平成の大遷宮が行われており、御仮拝殿にご神体が遷されていますが、立派な注連縄は圧巻でした。参道の松林はとても静かで心が癒されましたし、さすが日本中の神様が集まるところだけあります。この後旧大社駅にも行きましたが、残念ながらこちらは工事中のため立ち入り禁止だったので、一畑電車に乗って電鉄出雲市駅へ。そこからは特急やくもに乗って帰りました。今回の山陰旅行は当初車で行くつもりだったんですが、天候不順で急遽鉄道に変更にしたので境港と出雲大社にしか行けませんでしたが、美味しいものやスタンプラリー、贅沢なホテル、神社の静かな癒しと十分楽しむことができました。また是非行こうと思うので、今度は2泊くらいして松江市内や美保関等も組み入れながら、再度なにわ一水さんで泊まるなんて旅ができたらいいな~(^O^)
[PR]
by tabikibun2006 | 2010-03-15 20:39 | 島根(3) | Comments(0)