タグ:町並み(東海) ( 11 ) タグの人気記事
白銀の飛騨旅行~白川郷~
五箇山から白川郷に向かう途中には、飛越七橋という岐阜と富山の県境をまたぎまくる7つの橋があり、自分がどちらの県にいるのか分からなくなりそうでした(笑)そしてお昼前に白川郷の城山展望台に到着です。

d0090101_2136657.jpg

展望台ではまず昼ご飯を食べましたが、ここでも朴葉味噌がありました。石割豆腐に朴葉味噌をつけて食べるとなかなかの美味。ご飯も黒米で変わった料理が多く、この地域ならではのものばかりなのかな?予想以上に美味しかったからよかったです。

d0090101_21362025.jpg

ご飯の後は展望台へ。うわ~~~、なんちゅう絶景や!!!以前に来たときは9月だったので、田んぼが見れたりして緑が多かったですが、今回は正に銀世界と言うにふさわしい眺めです。感嘆の声しかあがりませんね。ご飯を早めに食べきったおかげで、ここではじっくりと白銀の白川郷の様子を楽しめました。

展望台の次は集落散策です。せせらぎ駐車場にある案内所で白川郷のおススメ撮影スポットが乗っているガイドを購入しておいたので、掲載ポイントに向かってみました。

d0090101_21364486.jpg

このポイントは合掌造りの建物が水田に反転していました。きっと水田も全部雪に覆われて、そんなポイントないだろうと思っていただけに嬉しかったですね。

d0090101_21365696.jpg

今度は合掌造りの建物が一度にたくさん撮れるポイントです。ちょうど天気もよくなってきて青空になったので雪の白、青空、合掌集落とコントラストも最高です。

d0090101_213745.jpg

集落を歩いているとこんな可愛い雪だるまもありました。こんなのがあると、誰しも1枚は撮っちゃいますよね。

d0090101_21371524.jpg

和田家近くのポイントです。ガイドには木に雪がたくさん積もっていましたが、この日は少ししか木に雪が積もっていなかったので残念でしたが、銀世界に合掌造りの建物がちょこんと建っている様子がとても可愛い感じで撮れたのでよかったです。

1時間半くらいの自由時間でしたが、あっという間に集合時間が迫ってきたので最後は急ぎ足で集落を散策しました。案内所で購入したガイドブック掲載のおススメ撮影ポイントを中心に散策しましたが、思った以上に素晴らしいポイントばかりだったので、このガイドはマストアイテムだと思いました。白川郷は2度目の訪問でしたが、雪の時期のほうがより風情があっていいですね。天気も快晴になって最高の状態の白川郷を見ることができたんじゃないかな。大満足して白川郷を後にし、高山駅へと戻りました。交通手段は考えなくていいし、お昼ご飯も付いて五箇山、白川郷の見所を巡れるので、この定期観光バスはかなりおススメです!

高山からはワイドビューひだで名古屋まで、名古屋では味噌カツの駅弁を買って新幹線で姫路へと帰りました。今回の飛騨旅行は僕が企画した初めての家族旅行でしたが、両親も大満足してくれてよかったです。1日目は高山の町並み、素晴らしい宿でのグルメ、2日目は定期観光バスで白銀の五箇山、白川郷を堪能できて最高に楽しかったです。2012年最初のぶらり旅でしたが、思い出に残るぶらり旅になりました(^o^)
[PR]
by tabikibun2006 | 2012-02-05 11:28 | 岐阜(9) | Comments(2)
白銀の飛騨旅行~飛騨高山~
冬の飛騨地域を巡ってきました。真冬の飛騨ということで、白銀の世界を期待しながら出発です。姫路から新幹線で名古屋まで、名古屋からはワイドビューひだに乗って高山には昼過ぎに到着です。高山駅からはひとまず宿に行って荷物を預けてから、いよいよ高山の町並み散策開始です!

d0090101_2115795.jpg
d0090101_21151687.jpg

d0090101_21164241.jpg

上三之町の町並みの雪は除雪されていましたが、やっぱり素晴らしいですね!重厚感のある家屋が1キロくらいに渡って続いていてテンションが上がります。雑貨屋やお土産屋、食事処がたくさんあるので、車に置いとく用や携帯ストラップのさるぼぼを買ったり、酒屋では升酒を飲んだりして町並み散策と買い物を楽しめました。また軒先に雪だるまが作ってあったり面白い置物があったりして、被写体がたくさんあるので高山の町並み散策はほんとに楽しいことが目白押しです!

d0090101_2127413.jpg

町並み散策しながら食べ歩きも楽しみました。飛騨牛のお寿司は柔らかいお肉にタレがマッチしていて美味しかったですし、桔梗屋さんで高山ラーメンも食べました。高山ラーメンは濃いイメージでしたが意外とあっさりしていてお味のほうもGOOD!あっと言う間に平らげていました。さらに高山昭和館というところで昭和レトロを見学した後は、昭和館の近くにあった布久庵さんでお茶をしました。ゆず茶はやさしい味でほっこりしましたし、アップルパイもめちゃうまでした。雰囲気のある店内で言うことなしのティータイムでした。

d0090101_21165630.jpg

高山のまちを楽しんだら本日の宿、平野屋本陣別館さんに向かいます。チェックインを済まし一息つくと外はもう暗くなり始めていました。部屋から眺めるライトアップされた宮川の眺めは最高でした。

d0090101_21171098.jpg

晩ご飯まで1時間ほどあったので夜の高山を歩いてみることに。きれいな満月が街を照らしていてとてもいい雰囲気です。

d0090101_21253564.jpg
d0090101_21174961.jpg
d0090101_2118995.jpg

夜の上三之町は観光客が全くいないので、幻想的で最高の町並みを一人占めです!昼の町並みもいいですが、高山の町並みは夜のほうが行灯の明かりもあって僕は好きですね。写真を撮るのはブレたりして難しかったですが、すごいすごい!と連呼しながら町並みを歩いていまいた。もっともっと町並みを歩いていたかったですが、晩ご飯の時間が迫っていたので急いで宿に戻ります

d0090101_21284998.jpg

さあ楽しみにしていた晩ご飯です!前菜から始まり、お造りや西京焼きと美味い、美味いと感動しながら食べていました。またお蕎麦はちょっと辛味の効いたツユに絡めて食べると最高でした。そしていよいよメインの飛騨牛です。ん~まい!!!めちゃ柔らかいお肉はほんまに美味しかったです!お肉ひと切れでご飯一杯いけるくらいでした。は~めちゃめちゃ美味しい晩ご飯に大満足です!お風呂もなぜか僕一人だけの貸切状態での~んびり入ることができたので、最高に癒された一夜になりました。

d0090101_21301715.jpg

さて飛騨旅行2日目もめちゃ美味の朝ご飯からスタートです。飛騨と言えば朴葉味噌ですが、ご飯が進む進む!朝から3杯もご飯を食べていました。今回お世話になった平野屋さんはご飯は美味しい、部屋はきれい、眺望抜群で最高でしたね。仲居さんの接客も素晴らしかったので、いい勉強になりました。2日目は濃飛バスの定期観光バスツアーに申し込んでいたので、後ろ髪をひかれながら宿をチェックアウトして高山駅へと向かいます。
[PR]
by tabikibun2006 | 2012-01-16 21:15 | 岐阜(9) | Comments(2)
家族旅行IN木曽路~PART1~
<落合宿>
d0090101_20453377.jpg

<中山道の石畳>
d0090101_20454041.jpg
d0090101_20454694.jpg

<馬籠宿>
d0090101_20461242.jpg
d0090101_20464476.jpg
d0090101_20465595.jpg

<お気に入り>
d0090101_20470100.jpg


先日、久々の家族旅行に行ってきました。しかも目的地は木曽路!以前ひとり旅で行った時とルートは同じですが、新幹線と特急を使っての旅行なのでかなり贅沢です(笑)姫路駅から新幹線に乗るなんてかなり久しぶりです。でも名古屋まであっという間に着いちゃいました。青春切符で行くのとでは大違いです。名古屋で乗換に少し余裕ができたし、朝食もろくに食べてなかったので途中下車して名古屋名物を食べてみました。天むすときし麺を食べましたが、きし麺のダシが関東風だったのでちょっとイマイチでした。関西風に慣れてるとあのダシの色に抵抗感が生まれるのは仕方ないですね。名古屋からは特急に乗って中津川へ。中津川からはバスで馬籠へ行く予定でしたが、観光案内所でタクシー料金を聞いたら大差なかったのでタクシーで馬籠へ。途中運転手さんが落合宿にも寄ってくれたんですが、これがまたすごいよかった!本陣の説明もしてくれたし、石畳の道まで行ってくれました。ちょうど雨上がりで濡れていて情緒もあって最高です。これはまた歩いてみたい道ですね。そして中津川から40分ほどで馬籠宿に到着。休日でしたが意外と観光客も少ないみたいです。なるべく前回と違う写真を撮ろうと思いましたが、やっぱり似たようなもんばっかり撮っちゃいます。でも1枚面白いのが撮れたし、これは自分でも気に入ってます。町並み自体はそれほどでもないですが、坂道にこれだけ連なって家が並んでいることはすごいことだと思います。お昼をまわって観光客も多くなりだしたところで次なる目的地妻籠へと向います。
[PR]
by tabikibun2006 | 2008-10-05 21:15 | 岐阜(9) | Comments(2)
飛騨旅行~白川郷~
<昼の白川郷>
d0090101_17334781.jpg

<朝もやの白川郷>
d0090101_17341028.jpg

<和田家>
d0090101_17342957.jpg
d0090101_17343621.jpg
d0090101_1734495.jpg

<修復中>
d0090101_1737849.jpg
d0090101_17383995.jpg

<お世話になったよそべえ>
d0090101_1739158.jpg

<部屋からの風景>
d0090101_17393763.jpg

<夕食>
d0090101_1740394.jpg

<朝食>
d0090101_17403582.jpg


続いての目的地は白川郷です。高山から高速バスで1時間弱で到着です。着いて早速展望台行きのシャトルバスに乗って展望台へ。きれいだな~。天候は曇りでしたがそれでもよかったです。その後は麓に下りて公開されている和田家や長瀬家、明善寺を見学しましたが、改めて見る側からすると素晴らしいものですが、住む側からすると保存するのにとても苦労しているんだなと思いました。神田家や民家園は明日訪問することにしてこの日は早めに宿に行くことにしました。お世話になったのはよそべえという宿。外見は合掌造りの建物ですが、建物の中はとても清潔感があり、トイレやお風呂もとてもきれいので、観光客的にはこういう造りが一番いいんじゃないでしょうか。部屋にテレビはないですが、虫の鳴き声を聞きながらぼ~っとしてると自然と時間が流れていました。そして夕食は囲炉裏のある部屋で同泊者と一緒に食べるんですが、めっちゃうまい!お肉はもちろんのこと、魚の塩焼きもちょうどいい塩加減で最高だし、豆腐にかかっていた胡桃のタレも最高でした。写真では写ってないですが、これにまだ天ぷらも付いていてお腹パンパンです。同泊者でびっくりしたのが横須賀から原チャで来た学生さんがいたことです。2日かけて白川郷に来たそうですが、連泊して存分に白川郷を味わうと言っていました。以前石見銀山でも堺から原チャで来てる人がいましたが、ほんと僕には考えられません。まあ電車に半日以上乗ることも十分おかしいと家族には言われますが(笑)夕食後、夜の散歩に出掛けましたが、街灯がほとんどないので周囲がよく見えずちょっと怖かったです。でも天気がよかったら満天の星空が見えてたんだろうな~。残念(>_<)この日は10時過ぎには就寝しましたが、虫の鳴き声を聞きながら気持ちよく寝ることができました。翌朝、6時に隣の明善寺の鐘の音で目が覚め、朝の散歩がてら展望台へ。朝もやの中の白川郷は昼間見たものと全然違います。絶景と言う言葉はこのためにあるんだと思いました。宿に戻って朝食ですが、朴葉味噌と卵かけご飯の組み合わせはもう最高!一気にご飯2杯食べていました。朝食後は部屋でちょっと休憩した後、チェックアウトし荷物だけ預かってもらい昨日行かなかった神田家と民家園に行きました。民家園ではちょうど茅葺の付け替えが行われていて、やっぱり保存は大変だと思いました。そしてちょうど雨がポツポツと降り始めた時にバスの時間になったので宿に荷物を取りに行き、お礼を言ってバス停に向いました。バスは時間通りにやってきて、僕を含めた4名の乗客を乗せて一路五箇山へと走り出しました。しかしこの後バスの車内で激しい葛藤が行われるとはこのときは思いもしませんでした・・・。
[PR]
by tabikibun2006 | 2008-09-08 18:15 | 岐阜(9) | Comments(2)
飛騨旅行~古川~
<瀬戸川の町並み>
d0090101_2152517.jpg
d0090101_216280.jpg
d0090101_2161226.jpg

<三嶋和蝋燭店>
d0090101_2162889.jpg
d0090101_2164939.jpg

d0090101_2171570.jpg

<蕎麦正なかやのざるそば>
d0090101_2173047.jpg


次なる目的地は飛騨古川です。高山から電車で15分ほどで到着です。駅から徒歩10分以内に町並みがあるのでとても散策しやすい町ですね。最初に向ったのは定番の瀬戸川の町並み。石畳の道と白壁土蔵、鯉がマッチしていてとても見ごたえのある町並みです。鯉の餌をやっている人がいましたが、そこだけ鯉が「ばちゃばちゃばちゃ」と音を立てて群がってたのはちょっと風流じゃなかったですが(笑)瀬戸川の次はここも有名な三嶋和蝋燭店に。ちょうどお客さんがいなかったのでご主人に和蝋燭についていろいろ教えてもらいました。宗教が結構関係してるみたいですが、赤の蝋燭は基本的にめでたい時に使うらしいです。我が家では赤も白も当分使う機会はないでしょうが、また機会があれば使いたいと思います。その後は飛騨そばを食べに「なかや」さんに。最初に塩をかけて食べると蕎麦の味がよく分かると言われたのでやってみると、これは新感覚!蕎麦に塩は合いますね。つゆでももちろん美味しかったし、蕎麦湯も美味しかったです。暑い日にざる蕎麦は最高ですね。お昼を食べてから古川の町並みをもう少し散策し、昼過ぎの電車で高山に戻りました。そして高山からは次なる目的地、世界遺産白川郷へと向います。
[PR]
by tabikibun2006 | 2008-09-06 18:09 | 岐阜(9) | Comments(0)
飛騨旅行~高山~
<上三之町>
d0090101_1744211.jpg
d0090101_17443118.jpg

<上二之町>
d0090101_17443895.jpg

<吉島家住宅>
d0090101_17444458.jpg

<宮川朝市>
d0090101_17445630.jpg

<美濃太田駅の釜飯弁当>
d0090101_1745125.jpg

<飛騨牛串焼き>
d0090101_17452247.jpg

<飛騨牛しぐれ寿司>
d0090101_17453115.jpg

<宿の朝食>
d0090101_17454031.jpg


行ってきました、飛騨旅行。途中天候不良に見舞われて予定変更したところもありましたが、何とか無事帰ってこれました。今回の旅行はあんまり現地の人とコミュニケーションが取れなかったのでほんとに町並み散策だけになってしまいましたが、まあ町並みがよかったのでよしとするか^_^;さて初日はまず高山に行きました。乗換駅である美濃太田駅では1時間弱時間があったので、立ち売りしていた釜飯弁当を昼ごはんにしました。駅弁の立ち売りなんて最近あんまりやってないと思うのに、おじさんが一人でやってるのには驚きでしたね。釜飯は鈍行に揺られて疲れた体にちょうどいい味付けで美味しかったです。美濃太田から高山まで3時間かかってようやく高山に到着です。お世話になる「山の庵 穂高荘」という宿に荷物を預けてさっそく町並み散策スタートです。時刻はもうすぐ4時になるというのに上三之町のメインストリートには大勢の観光客が・・・。そこで上三之町は後回しにして先に吉島家周辺や上二之町といった比較的観光客の少ない町並みを散策しました。両方とも結構いい感じの町並みが残っていたのでよかったです。次はメインである上三之町へ。町並み散策の前にお土産を買いましたが、そこでお店のおばちゃんから「今日はまだ観光客は少ないほうだ」って言われた時にはびっくりしましたね。平日の夕方でこんだけの人出やのに土日はどないやねん!?って感じです^_^;でもさすがに5時を回るとほとんど観光客もいなくなり、写真撮り放題です。徐々に暗くなって風情ある街灯にも明かりが灯ってめっちゃいい感じの町並みだったんですが、三脚なしで撮るのは至難の業。結局全部ブレブレで載せれるものは1枚も撮れませんでしたが、しっかりと目には焼き付けておきました。初日は高山の幻想的な町並みを見て終了にし、宿に戻って晩御飯用に買っておいた高山駅の駅弁飛騨牛しぐれ寿司と、夕食なしプランなのに宿の方が用意してくれたおにぎりを食べて10時過ぎには就寝しました。翌朝は早起きして朝食までの時間、朝市を散策しました。朝食があるのであまり試食はしませんでしたが、漬物屋さんのしば漬けは朝にぴったりの味でちょっと買っちゃいそうになりましたが、この後も旅は続くので我慢しました^_^;その後も陣屋前朝市や上三之町を散策してから宿に戻り、朝食を食べましたが本場の朴葉味噌が味わえて大満足です。朝食後、チェックアウトを済まし、高山の町ともお別れです。そして次なる目的地飛騨古川へと向いました。
[PR]
by tabikibun2006 | 2008-09-05 18:20 | 岐阜(9) | Comments(2)
明智鉄道沿線巡り~PART3~
<恵那の町並み>
d0090101_22483588.jpg

d0090101_224911100.jpg

d0090101_22485185.jpg

d0090101_2249047.jpg

<お土産の松浦軒本店のカステラ>
d0090101_22491886.jpg


明智鉄道巡りの旅の最後は恵那です。実はここは今回のぶらり旅では散策しない予定でしたが電車の接続の関係で少し時間ができたので駅周辺だけぶらってみました。下調べを全くしてなかったので町並みは少ししか見つかりませんでしたが写真の木造3階建ての建物はなかなかよかったです。そして駅の案内板で見つけた中山道広重美術館にも行ってみました。ここでは歌川広重の富士36景が展示されていましたが、もっと面白かったのは浮世絵の体験です。木曽69景のうちの3つの浮世絵を自分で作れるんです。版画の要領でやっていくんですが出来た時はちょっと感動しました。誰でも簡単に上手く出来るのでこれは広重美術館に行った時は是非やるべきですね。電車の時間が迫ってるのに係りのおばさんが結構話好きなので焦りましたが(笑)美術館から走ったおかげで何とか電車には間に合いましたけどね。
今回は久しぶりのハードなぶらり旅でしたがいろんな人と話しができたし、広重美術館では浮世絵の体験もできたのでよかったです。でもやっぱり往復10時間くらい電車に乗るのはちょっときついかな。頻繁に東海地方に行くのは体がもちそうにないので毎回の青春切符シーズンで1、2回が限度でしょう。何より新快速の車窓にいい加減飽きてきたし(笑)さて次はどこに行こうかな~。
[PR]
by tabikibun2006 | 2007-03-16 23:15 | 岐阜(9) | Comments(2)
明智鉄道沿線巡り~PART2~
d0090101_12193187.jpg

d0090101_12295068.jpg

d0090101_12194524.jpg
d0090101_1219588.jpg

<通りにはみ出た窓>
d0090101_122065.jpg


次なる目的地は岩村です。ここは駅前の通りから岩村城跡までの1キロくらいにわたって町並みが続いているそうです。さあさっそく散策だ!
保存地区に入ってまず思ったのはきれいに整備されているな~ってことです。伝統的建造物群保存地区になったことで整備に力を入れたことがよく分かる町ですね。ちょうど僕が行ったときは引田のひな祭りのように岩村でもひな祭りをしてました。規模は引田のほうが大きいと思いますが勝川邸では可愛らしいお雛様がたくさんあってよかったです。また木村邸の裏道にはなまこ壁の道があってここもなかなかいい感じでした。木村邸では係りのおばさんがとても丁寧に説明してくれたので岩村での木村家の重要性についてなどがよく分かりました。通りに少しだけ窓がはみ出ている所があってそこから左右の通りを確認していたそうです。面白い写真が撮れるんじゃないかと思って撮ってみましたがどうでしょう?ほんとは毎回こういう説明を受けたいんですけど先客がいたり、時間の都合であまり説明が聞けていないので今回は親切で分かりやすい説明を受けれてよかったです。
岩村の歴史を少し勉強できたところで最後の目的地、恵那に向います。
[PR]
by tabikibun2006 | 2007-03-12 12:40 | 岐阜(9) | Comments(0)
明智鉄道沿線巡り~PART1~
<大正路地>
d0090101_14552816.jpg
d0090101_14554555.jpg

<大正の歯科医院>
d0090101_14561150.jpg

<うかれ横町>
d0090101_14562718.jpg

<中馬・南北街道交差点>
d0090101_14563685.jpg
d0090101_14564527.jpg

<浪漫亭のハヤシライス>
d0090101_1456569.jpg


久しぶりに超ハードなぶらり旅をしてきました。岐阜県にある明智鉄道の沿線巡りです。明智・岩村・恵那と3箇所巡ってきました。まずは明智から紹介しようと思います。
姫路を始発の新快速で出発して明智に到着したのは昼前でした。5時間以上電車・バスに揺られていたことになりますね。でも米原~大垣間の電車は特急みたいな設備で最高だったし、席に座れず立ってたのは大垣~名古屋間だけだったので意外と楽でした。明智に到着してまずは昼食です。浪漫亭でハヤシライスを食べたんですが、なかなかおいしかったです。関係ないですが一人旅で苦労するのが実はこの昼食なんです。その土地で有名な店とかって結構一人では入りにくい店が多いんですよね。今回はガラガラすぎて別の意味で入りにくかったですが(笑)さてお腹も満たしたところで散策開始!浪漫亭の裏手の川を渡るとすぐ大正路地です。おお~、結構いい感じや。石畳の路地に倉庫みたいな建物が並んでいましたがなかなかよかったです。それから大正村役場に行ったんですがそこにはカップルがいて居心地が悪かったので即効退散しました(笑)大正路地を抜けた通りには大正の歯科医院や十六銀行、大正村資料館などレトロな建物がいっぱいありました。その通りから一本中に入った所にはうかれ横町と呼ばれる路地があります。ここは福山の横尾の町並みにあったような渡り廊下のある家がありました。ちょうど僕が歩いてたらスナックみたいな所でカラオケをしていたんですが曲名は知りませんが昔の曲っぽかったのでその時は時代をさかのぼった気分でした。でも時計を見たら次の電車の時間が迫っていたので現代へと気持ちを戻らされました。もうちょっといたかったですが、この電車を逃したら姫路に帰るのが0時過ぎになる可能性があったので急いで駅へ行って次の目的地岩村へと向いました。
[PR]
by tabikibun2006 | 2007-03-10 15:34 | 岐阜(9) | Comments(2)
お伊勢参り~PART2~
<旅館麻吉>
d0090101_2249543.jpg

<古市の町並み>
d0090101_2250764.jpg

<河崎の町並み>
d0090101_22502031.jpg
d0090101_2251485.jpg
d0090101_22513198.jpg

<近鉄特急>
d0090101_22513977.jpg

<お土産の赤福>
d0090101_22514565.jpg


さあ次の目的地は伊勢街道沿いの古市です。伊勢神宮近くのバス停からバスで行きましたが、バス停で出会ったおばあちゃんは「歩いていけるよ」って言ってましたが結構な坂を上った所だったのでバスで正解でした。中之町バス停を降りた目の前に町並みの本やたくさんの古い町並み関連サイトで見ていた旅館麻吉がありました。すごい、ほんとに住宅街のど真ん中にあります。ここだけ異空間って感じでした。階段沿いに建てられた旅館ですがほんとに風情があります。いつか泊まってみたいですね。そして麻吉から歩いて古市周辺を散策です。あまりいい感じの町並みは残ってませんでしたが、伊勢神宮からそんなに離れてないのにとてもしんとしていて落ち着いて散策できました。一旦宇治山田駅までバスで戻ってから今度は河崎の町並みに向かいます。伊勢河崎商人館で河崎の歴史についていろいろと教えてもらいましたが、何でも川沿いの蔵は昭和50年代に片側を全部潰してしまって半分だけしか残ってないそうです。当時の写真を見せてもらいましたが、ほんとにいい感じの町並みだったので生活のためとはいえ残念です。河崎問屋街の宇治山田駅寄りには結構いい感じの町並みは残ってました。蔵がなくなったのは残念でしたけど商人館の人や、地元の人も「あっちにも行ってみたらいいよ」などと教えてくれて人の温もりを感じれたのでとてもよかったです。
今回のお伊勢参りはここで終了です。さすがに帰りも快速急行で帰る気にはなれなかったので近鉄特急で帰りました。やっぱ特急だけあって乗り心地がよかったです。それから堪らなかったのは鶴橋駅に着いた時の焼肉の匂いです。何とか我慢して帰りましたがお腹が空いてる時にあの匂いは反則です(笑)
いや~この冬最後の青春切符の旅でしたが、お伊勢参りもできたし、いろんな人と触れ合えたのでとても充実したぶらり旅になりました(^O^)
[PR]
by tabikibun2006 | 2007-01-22 23:15 | 三重(7) | Comments(7)